TypeScript

プログラムで何か例外が起きた場合に、主に以下の二つの対処方法があります

例外時の値を返す
try catch による例外処理を行う

一点目がわかりづらいので例としては以下です。

const myFunc ...

TypeScript

TypeScript で watch モードにした場合、デフォルトではコンパイルの度にコンソールへ新しい出力がされます。

これにより、過去の出力が残らなくなります。

preserveWatchOutput を ...

TypeScript

ts-node を使った時だけ型エラーになってしまう場合は、コマンドに –files を追加して解消するかを確認してみてください。

tsconfig へ files: true を追加する方法でもOKです。

TypeScript

TypeScript で、型が持つプロパティ数が多い場合に、エラーメッセージに表示される型が省略されて表示されます。

これはデフォルトの動作ですが、noErrorTruncation を true にすることで型のすべてを ...

TypeScript

既存の union 型から特定のメンバーを削除した型作成する方法です。

extends を使用します。

以下の型があります。

type T1 = 'a' | 'b' | & ...

TypeScript

AxiosError は axios で catch ブロックに入った時の error オブジェクトの型を表します。

注意なのは、AxiosError.response はオプショナルであることです。

つまり、 ...

TypeScript

以前Optoin型について書きました。こちら

今回はOption型をどのような時に使うのか、なぜ使うのかについて自分なりに考えてみました。

とあるシステムで、商品番号を取得して返す関数があるとします。

TypeScript

Option 型は、値があるかもしれないし、ないかもしれないことを表現する型です。

TypeScript でこの型を作成する場合は、オブジェクト型(タグ付き)のユニオン型を作ります。

以下が Option 型の ...

TypeScript

as const は TypeScript の安全性を高めてくれます。

特に有用なのは、widening してしまうところを防止する効果があります。

const name1 = //string as const// ...

React, TypeScript

React V18 から、FC に暗黙的に含まれていた children がなくなり、VFC と同等になりました。

つまり、コンポーネントで children を使う場合は props の型定義に明示的に children ...